脊椎センター

脊椎センター

脊椎センターの取り組み

「MD法」といわれる、従来と比べて、わずかな切開で行う、体に負担の少ない脊椎・脊髄手術を積極的に行っています。顕微鏡を使用し、広く鮮明な視野のなかで行いますので安全です。手術中の出血や、手術後の切開による痛みも少なく、ほとんどの方は手術翌日から歩行が可能です。

こんな症状はありませんか?

  • 首から肩、背、腕が痛い
  • 腰から下肢が痛い
  • 手・足がしびれる
  • 手が使いにくい、歩きにくい
  • 知覚障害がある
これらの症状がある場合、脊髄や神経根が圧迫されていることが原因と考えられます。治療の遅れは重篤な後遺症を残す危険もあります。早期診断、早期治療に留意しなければなりません。

こんな悩みはありませんか?

  • 今まで治療を受けたがあまり効果が見られない。
  • はっきりした診断や原因がわからない。
  • 手の使いにくさや歩きにくさのため日常生活が困難である。
当院は、脳や脳血管の疾患のみを診る病院と考えられがちですが、脊椎、脊髄、さらには末梢神経の疾患も専門的に治療します。その特性を活かし、症状の原因部位が脳や脊髄の中枢神経であるのか、四肢や手足の抹消神経であるのかを診断し、適切な治療法を決定します。

対象となる疾患

  • 椎間板ヘルニア(腰椎、頚椎、胸椎)
  • 脊柱管狭窄症(腰椎、頚椎、胸椎)
  • 変形性腰椎症
  • 変形性頚椎症
  • 腰椎変性すべり症
  • 腰椎分離すべり症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 黄色靱帯骨化症
  • 脊髄腫瘍

脊椎専門外来

当院では脊椎専門外来を行っていますので上記の症状やお悩みがある方は、お気軽にご相談下さい。

脊椎専門外来の詳細ページはこちら

 

治療方針

  1. MD法による低侵襲(体にやさしい)手術が基本です。
  2. 手術時間の短縮、出血量の最少化を目指しています。
  3. 手術後の痛みを最少にするよう心がけています。
  4. 無理なく早期離床と退院を図っています。
  5. 入院治療費の削減に努めています。

医師の紹介

佐藤、飯田、山本(治)が担当いたします。

医師詳細なご紹介はこちら

手術・疾患別術式

PAGETOP