リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター長のご挨拶

宗本 滋
リハビリテーションセンター長
宗本 滋

再び元のように、一人で生活できるようにするという考えがリハビリテーションであり、訓練を含めたあらゆる手段を指します。
金沢脳神経外科病院のリハビリテーション医療はリハビリテーションの手段の多くを提供できます。しかも脳卒中発症直後から開始し、回復期を経て、患者さんが地域に落ち着かれるのを見届けるまでお世話します。
リハビリテーション科医師のもとに、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリテーション専門職員はもちろん、看護師、看護補助職員、社会福祉士、義肢装具士、栄養士、薬剤師、地域連携職員など多くの職員がチームを組んで、患者さんの希望に沿って、リハビリテーションサービスを提供します。
当院の特徴の一つは、救急入院される脳卒中患者さんに対して入院した日からリハビリテーション医療を行い、急性期が過ぎたら障害の重い軽いにかかわらず当院の回復期リハビリテーション病棟でリハビリテーション医療を継続しますので、比較的多くの重度障害の患者さんを治療していることです。それだけにチームワークの実力が求められますので、106床の回復期リハビリテーション病棟に入院している患者さんを4つのグループに分け、その各グループに看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の混成チームを割り当てて、患者さんをチームで治療しています。各チームには看護師のチームリーダーとリハビリテーション専門職員のチームマネージャを配して、休日もリハビリテーション医療を実施し、個別的かつ総合的なきめ細かいサービスの提供を目指しています。
今後は、リハビリテーション専門職員をもっと増やして、サービス量とチームアプローチを充実し、脳卒中後の種々の障害による患者さんの問題に取り組んでいきます。

回復期リハビリテーション病棟の概要

回復期リハビリテーション病棟とは

脳卒中などの病気の方に対して、日常生活の向上をはかり、自宅へ復帰させることを目標に集中的にリハビリテーションを行う病棟です。

当院が目指すリハビリテーションとは

  • 病気や受傷した時から一貫したリハビリテーションを行います。
  • 一日でも早く自宅退院できるように支援していきます。
  • 自宅生活が困難な方には生活施設のご紹介・選定などの援助をいたします。

回復期リハビリテーション病棟の入院条件(厚生労働省)

①脳梗塞・脳出血・脊椎損傷などの、手術後もしくは発病後2ヶ月以内の方
②大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の骨折もしくは手術後
もしくは受傷後2ヶ月以内の方
③外科手術または肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、
手術もしくは発症後2ヶ月以内の方
④大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の神経・筋・靭帯損傷後1ヶ月以内の方
※不明な点がございましたら、医療福祉相談課へお問い合わせください。TEL.076-246-7810

回復期リハビリテーション病棟常勤医師

宗本 滋

医師の詳細なご紹介はこちら

回復期リハビリテーション病棟の特徴

施設の特徴

病床数106 床(3、5 病棟合計)は回復期リハビリテーション病棟としては北陸最大です。そのため、当院の急性期病棟にて急性期の治療を終えられた後、継続してリハビリテーションを行うために移ってくるかただけでなく、他の医療機関で急性期治療を終えられた後、リハビリテーションのために当院に転院なさってくるかたもたくさんおられます
当院の回復期リハビリテーション病棟の最大の特徴は、病棟組み込み式のリハビリテーション訓練室(写真A)です。
病室と同じフロアに訓練室がありますので、とても活気に満ち溢れています。また、明るく広い開放感ある病室や廊下(写真B)、充実した訓練機器、自宅に帰ってからの生活を体験できる「宿泊体験室」(写真C)など、まさに病棟全体がリハビリテーションの場として、患者さんの社会復帰をサポートいたします。

rihasenta_03

チーム医療と充実したリハビリテーション提供体制

【チームアプローチ】
回復期リハビリテーション病棟では、すべての患者さんに対して、月に1回、多職種(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー等)が会してカンファレンス(会議)を行っています。それぞれの専門的視点から患者さんの現状についての話し合いを行い、今後の計画を立てます。
また、すべての治療の基盤である栄養サポートを、多職種でチームを組んで推進しています(NST:栄養サポートチーム)。

【365日リハビリテーション】
また、充実したリハビリテーションの提供による1日でも早い社会復帰を目標とし、日曜・祝祭日においてもリハビリテーションを実施しています。
rihasenta_04

専門スタッフのご紹介

多くの専門スタッフが一丸となって、患者さん1人1人に合ったサポートを行います

医 師

回復期リハビリテーション病棟の医師の役割は、リハビリの阻害因子の緩和、リハビリ医療のマネジ メント、リハビリ病棟の管理です。脳卒中を発症した場合、進行した糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を合併していることが多く、さらに、脳が損傷を受けたために、入院中、肺炎や食事摂取困難、排尿困難、うつ状態、せん妄、関節炎、転倒による外傷など、様々な続発症が起こり、リハビリの進行を阻害します。検査・薬の処方や臓器別専門医への相談など、医師の治療が重要になります。また、医師は様々な検査等によって障害の診断とリスク評価、予後予測を行い、毎月カンファレンスを開催してリハビリチームの方針の統一を図り、患者さん・ご家族に説明・相談をしています。

理学療法士

「歩いて家に帰ることを目指して」
起きる・立つ・歩くなどの基本動作ができるようになることを目指します。1人で歩けるように、早くから補装具を活用しています。歩けない人には、免荷装置(体を吊り下げる装置)と歩行練習装置(トレッドミル)を併用しながら歩行練習をすることもあります。また理学療法室のみならず、自宅の生活でも安全に歩けるように、段差やまたぎなど応用的な歩行練習も積極的に行います。早く歩いて家に帰れるように理学療法を展開しています。

作業療法士

「ハートフルなサポートをします!!」
作業療法の目標は、ご本人らしい生活の再構築です。本人らしい生活とは“したい作業(生きる・楽しむ・遊ぶ・働く・学ぶなど)” ができることです。すばらしい生活・作業が実践できるようお手伝いします。

言語聴覚士

「しゃべること、食べることから生まれる笑顔づくりのお手伝いをします」
話すことに障害も持った方が、うまく気持ちを伝え、コミュニケーションをとることができるように練習を行っています。また飲み込みに障害のある方には、飲み込んでいる状態を診るための検査を行い、その後言語聴覚士全員と医師でカンファレンスを開き、一人一人にあった練習を立案し、人によって必要不可欠である「食べること」を支えています。

管理栄養士

「腹が減っては戦はできぬ」の言葉どおり、適切な栄養がなければ身体を動かすことはできません。栄養面からリハビリテーションのお手伝いをさせていただきます。口から食べることが困難な患者さんには食事内容、形を工夫し、きめ細かな対応で、より安全に嚥下リハビリテーションが進むようサポートします。

医療ソーシャルワーカー(MSW)

病気やけがをきっかけに様々な問題や心配事が起こってくることと思います。退院後の生活や介護への不安、各種社会保障制度についてなど、どうすればよいか、どこへ聞いたらよいかわからないことは、医療相談員がご相談に応じます。医療チームの一員として医師を始めとする医療スタッフや、必要に応じて地域の関係機関等と連携をとりながら、秘密を守り、皆様といっしょに考えながら、退院までのお手伝いをします。

看護師

看護師は、患者さん1 人1 人の心身の状態を把握しながら、安心して入院生活が送れるように、24 時間サポートいたします。また、患者さんやそのご家族の要望を取り入れた看護計画を立てていきます。

看護補助職員

病棟での生活面について、個々の患者さんの状態に合わせ、できる限りのお世話をします。看護師と情報を共有し、早期回復に向けてお手伝いします。また看護師と共に、毎日患者さんのためのカンファレンスを行い、自宅退院ができるようサポートしています。

薬剤師

薬を安全でより効果的に使用していただけるよう、薬の履歴による、薬の飲み合わせや副作用歴・検査データ等を確認し、副作用の回避・軽減のために医師や看護師などと協力しています。
また、患者さんに安心して薬を服用していただけるよう、薬の効果や副作用についてベッドサイドで説明し、薬に対する患者さんの疑問や不安の解消に努めています。

  入院から退院までの流れ

回復期リハビリ病棟では、制度で定められている範囲内で、患者の皆様の目標(ゴール)と入院期間設定を行います。各専門スタッフが、患者さんの退院後の生活に焦点をあてて、総合的に係わります。また、患者さんやそのご家族様の意向に沿って、安心して退院ができるようお手伝いします。
入院当日
◎入院時評価
ADL(日常生活動作)およびコミュニケーション能力等について評価し、安全対策を計画します。
入院から1週間
◎多職種カンファレンス
入院から1週間以内に、各専門スタッフが協同で評価結果を検討し、治療プログラムと退院計画(期間設定)を立案します。
ご本人・ご家族への説明
リハビリテーション科医師より多職種カンファレンスの結果をご本人・ご家族へ説明します。ご本人・ご家族といっしょに治療プログラムと退院計画を見直し完成させます。
入院から1ヵ月ごとに
◎多職種カンファレンス
入院から1ヶ月ごとに各専門スタッフが協同で、それまでの治療の成果を検討し、治療プログラムと退院計画を見直していきます。
家屋調査・住宅修繕
退院後の生活が円滑に行われるよう、必要に応じて家屋調査を行い、住宅改修や日常生活動作の方法についてアドバイスします。
退院

PAGETOP