取り扱い疾患

脳神経外科は、脳や脳血管の疾患のみを扱う診療科と考えられがちですが、脊椎、脊髄、さらに末梢神経の疾患も治療します。つまり、頭から手や足の指先に至るまで神経に関する全ての病気を取り扱うわけです。脳神経疾患の治療の遅れは、しばしば重篤な後遺症を残すことになります。 従って、早期診断、早期治療を心掛けなければなりません。

 このような症状にお心当たりはありませんか?

  • 目まいがし、吐く。
  • 耳鳴り、難聴がある。
  • ふらつきがある。
  • 頭や顔が痛い。
  • 頚、背、腰が痛い。
  • 顔、手、足などがしびれる。
  • 手、足などに力が入らない。
  • 顔や口がかってに動く。
  • 小便、大便の失禁がある。
  • 歩きにくい。
  • 生理が止まり、乳汁がでる。
  • 目が閉じにくい、顔が歪んだ。
  • 瞼が下がり、上がらない。
  • 目がとび出してきた。
  • 目が見にくい、二重に見える。
  • 意識が無くなった。
  • 声が出にくい、しゃべりにくい。
  • むせやすい。
  • 顔や手などに痙攣が起きる。
  • 体の筋肉が痩せてきた。
  • 急にぼけてきた。

当脳神経外科で治療する病気

  • 脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血 等)
  • 頭部・脊椎外傷
  • 脳腫瘍、脊髄腫瘍
  • 水頭症
  • 三叉神経痛、顔面痙攣
  • 脊椎疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症 等)
  • 末梢神経障害
  • パーキンソン氏病、変性疾患 等
  • てんかん
  • 髄膜炎、脳膿瘍などの感染性疾患
  • 頭痛症
  • めまい
  • しびれ

PAGETOP