腰椎変性すべり症

sato_blog

腰椎すべり症の症状は?

腰椎すべり症とはその言葉が示す通りに腰椎の骨と骨の並びが乱れずれる病気です。下の骨に対して上の骨が前にずれる前方すべり症が多いですが、後ろにずれる後方すべり症や横にずれる側方すべり症もあります。骨と骨との間には生理的に許容される範囲の動きは誰にでもあり、そのために柔軟な腰の動きができるのです。 しかし、骨と骨とがずれることは、明らかに非生理的、病的なことなのです。骨同士がずれる状態があると、先ず起こる症状は腰痛です。坐位から立ち上がる時や腰をかがめた状態から伸ばす時などに腰の伸びきらない痛みが発現すると訴える方が多いようです。次第に一定の姿勢を保つこともつらくなってきます。このようにすべり症の初期の症状は腰痛なのです。この腰痛の時期が比較的長く続きます。途中、ぎっくり腰を起こす人もおります。骨がずれて、そこが病的に動いていると、長い年月の間にそのずれた骨の部位に狭窄症が発生します。狭窄症とは、通常はすべり症を伴わないものを言いますが、すべり症が基になって狭窄症が発生することもあるのです。この狭窄症はすべりの進行と加齢に伴う椎間板の膨隆や靱帯の肥厚などによって進行します。そして、ある時から腰の痛みばかりでなく、お尻や大腿・下腿に痛みやしびれを感じるようになります。そして、立位の保持や歩行に障害がでてきます。これらの症状はすべり症を基に脊柱管狭窄症が進行し、骨の中の神経の圧迫が強くなったことを示すものです。中には、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアを合併して下肢に激痛の起こる人もおります。これらすべり症の症状も改善と悪化を繰り返しながら、加齢とともに次第に悪化していくのが普通です。立ち仕事、長歩きが益々できなくなっていく腰の病気です。この病気は女性に多く、40〜50代頃から本格的に患者さんを悩ませていきます。

腰椎すべり症の症状は?

腰椎すべり症に対するmini-open固定術

腰椎の変性すべり症、分離すべり症、分離症、腰椎症性側彎症などでは固定術が必要になります。腰椎固定術は、一般的には10〜15㎝の切開による椎体間固定PLIFとペディクル・スクリュー固定が行われています。この手術法は大きく傷を開き、筋肉を剥離する操作が必要なため、出血量が多く、輸血が必要になります。術後は傷の痛みが強く、麻薬なども痛みを抑えるために使われています。術後の離床開始も数日後となることが普通です。

その点、当院で行っているmini-openPLIFやTLIFと呼ばれる最小侵襲の腰椎固定術は、左右に3〜4㎝の小切開と筋肉の剥離操作を最小限にとどめた固定術のため、出血量は少なく、輸血は不要です。術後の痛みも軽く、約6割の患者さんは鎮痛剤は不要です。痛みを抑えるため、麻薬が必要になることはありません。傷の痛みが軽いため、殆どの患者さんは手術の翌日に離床開始できます。

平成23年11月に導入したO-armと最新のナビゲーション・システムの使用で、狭い骨の中へのスクリューの挿入も安全になりました。術中に固定の完成した状態を確認できるので、安心して手術を終えることができるようになりました。手術合併症は殆どないと言って良いでしょう。

腰椎すべり症に対するmini-open固定術

 

固定手術で最も恐ろしい合併症は感染です。傷を大きく開き、筋肉を剥離し、長時間かかる固定術では感染のリスクはどうしても避けられません。その点、当院のmini-open固定術は小切開であり、同じ傷を長時間開いた状態で操作することはなく、手術時間も3時間前後と短いため、過去に感染を合併した症例は240例中1例に過ぎません。この患者さんは傷の表面の感染のため、スクリューなどを抜去せずに治癒いたしました。

これからは高齢者や側彎変形の進んだ患者さんの腰椎固定術が増加していくでしょう。当院では既にそのような傾向が現れています。これらの患者さんの腰椎固定術において、O-armとナビゲーション・システムに補助された最小侵襲固定術は有効な手術法であり、更に進化させていきたいと考えています。

腰椎すべり症に対するmini-open固定術02

腰椎すべり症に対するmini-open固定術03

腰椎すべり症に対するmini-open固定術04

腰椎すべり症に対するmini-open固定術05

このページは以下に掲載された記事より抜粋して再掲したものです。
平成23年11月15日発行ふれあい第44号脊椎最前線より
平成24年8月1日発行ふれあい第47号脊椎最前線より

PAGETOP