脳内出血

脳溢血(のういっけつ)という言葉を使う方は最近少なくなりましたが、年配の方の中には脳卒中というより馴染みが深いかもしれません。脳溢血と脳卒中は同義ではなく本来脳内に出血した場合に使われます。しかし、CTが登場する以前には脳梗塞と脳内出血の区別がつきにくかったため脳溢血は脳卒中と同じ意味に使われていたようです。
脳内出血の原因として、多いものは高血圧により脳内の0.1mm程度の細い血管が脆くなることです。出血自体は数分でおさまることが多いのですが、脳内の運動や知覚神経の通り道の近くに起こることが多いため半身の障害を生じます。治療としてまず思い浮かぶのは手術ですが、出血により神経が切れてしまっていると手術をしても麻痺などの障害は改善しません。しかし、出血が多い場合には生命にかかわることがあるため、救命のために手術は必要であり、意識障害を早期に改善させるためにも手術は有効な場合があります。
予防としては、血圧のコントロールが最も大事ですが、少量の飲酒(一日0.8合程度)は出血の危険を抑制することが知られています。(もちろん無理して飲むことは禁物です)
また、脳血管障害の大敵と思われているコレステロールもあまりに少なすぎても出血する危険が高くなると言われています。
血圧以外の原因として、近年アミロイド血管炎が知られるようになりました。これは、アミロイドと呼ばれるたんぱく質の一種が血管に沈着し、血管が脆くなります。年齢が進むにしたがってこの病気が起きる可能性が高くなりますが、現在はまだ予防法治療法は確立していません。しかし、発生頻度は近年高まる傾向にありますので、研究が進められています。

脳内出血
脳内出血

このページは以下に掲載された記事より抜粋して再掲したものです。
平成18年8月10日発行ふれあい第23号脳神経外科講座より

PAGETOP