論文・書籍の実績(平成30年)


医師

(英文)

Asahi T, Taira T, Ikeda K, Yamamoto J, Sato S: Improvement of Table Tennis Dystonia by Stereotactic Ventro-Oral Thalamotomy: A Case Report. World Neurosurg 99:810 e1-4, 2017
情報はこちらから

(英文)

Asahi T, Sato M, Nakamura T, Kon Y, Kajimoto H, Oyama G, Hayashi A, Tanaka K, Nakane S, Takeshima T, Fujii M, Kuroda S: Pilot Study of a Device to Induce the Hanger Reflex in Patients with Cervical Dystonia. Neurol Med Chir (Tokyo), in press
情報はこちらから

(英文)

Asahi T, Taira T, Ikeda K, Yamamoto J, S S: Full recovery from drummer’s dystonia with foot and arm symptoms after stereotactic ventro-oral thalamotomy: a case report. Acta Neurochirurgica, in press

コ・メディカル

 

その他

看護部長通信 平成30年4月25日

投稿者:川腰 晃弘(診療情報管理士)
タイトル:~シミュレーション結果を活かした現状分析から病院の未来を考える~激変期を生き抜くための病院・看護部・病棟マネジメント講座

看護部長通信2018-04-05

PAGETOP