DPC臨床指標(H28)


はじめに

DPC(診断群分類)とは、「病名(診断)」と「提供されたサービス(治療・処置)」の「組み合わせ」によって、さまざまな状態の患者さんを分類する方法のこと言い、14桁のコードで構成されています。このたびの「病院情報の公表」は、そうしたDPCデータによる全国統一の定義と形式に基づき作成した指標(全7項目)を公開するものです。
また、当院では情報の公開にあたり、「医療機関のホームページガイドライン」を遵守しております。 医療機関のホームページガイドライン(厚生労働省)

DPCデータによる病院指標(平成28年度)

  1. 年齢階級別患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位 5 位まで)
  3. 初発の5大癌の UICC 病期分類別ならびに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の ICD10 別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計条件等

集計対象および各指標共通の定義

  • 平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)の退院患者さんを集計しています。(※)
  • 10未満の場合は、「-(ハイフン)」を記入しています。
  • 在院日数は入院日から退院日までの日数で計算しています。 例:平成28年4月1日に入院し平成28年4月2日に退院した患者の在院日数は2日
  • 年齢は入院時点のものです。
  • 転院については、退院先が「他の病院・診療所への転院」であるものを指し、転院率は「転院患者数/全退院数」で計算しています。

※集計対象外患者

  • 一般病棟(当院の場合SCU又は4病棟)に一度も入院のなかった患者
  • 入院後24時間以内に死亡した患者、又は生後1週間以内に死亡した新生児
  • 臓器移植
  • 自賠責保険、労災保険、自費診療のみの患者 等

 各指標個別の定義

1.年齢階級別退院患者数

  • 一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数です。
  • 年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定しています。

 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

各診療科別(※)に患者数の多いDPC14桁分類についてDPC コード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、解説を示しています。
※当院の場合、脳神経外科1科。

 3.初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

  • 5大癌について初発患者はUICCのTNMから示される病期分類によるStageⅠからⅣの延患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の延患者数を集計しています。
  • 各癌それぞれについて、Stageの判定にはUICC病期分類第7版を使用しています。
  • TNM 分類が不正確等で病期(stage)が不明な場合は、「不明」としてカウントしています。
  • Stageが「0」のものは集計対象外としています。

 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

  • 成人の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
  • 入院の契機となった傷病名および最も医療資源を投入し傷病名が肺炎(院内肺炎を除く)の患者に限定して集計しています。
  • 重症度分類は、A-DROPスコア(※)を用いています。
  • 重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

※A-DROPスコア:日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」における肺炎の重症度分類。5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

Age(年齢) 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水)  BUN 21mg/dL以上または脱水あり
 Respiration  SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
 Orientation(意識障害)  意識障害あり
 Pressure(収縮期血圧)  収縮期血圧90 mmHg以下

 5.脳梗塞のICD10 別患者数

  • 脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
  • 最も医療資源を投入した傷病のICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)別に集計しています。
  • 発症日から入院までの日数が「3日以内」と「その他」に分けて集計しています。

 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)

  • 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。※当院の場合、脳神経外科1科。
  • 入院中に複数の手術を行った場合は主たる手術のみをカウントしています。
  • 輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しています。
  • 術前日数は入院日から主たる手術の手術前日までの日数、術後日数は主たる手術の手術翌日から退院日までの日数で計算しています。

 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

最も医療資源を投入した傷病名がDIC(播種性血管内凝固)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機となった傷病名と最も医療資源を投入した傷病名を区別して各症例数をカウントしたもの、およびそれらの全退院患者数に対する発生率を示しています。

PAGETOP