病院長のご挨拶


 当院は昭和55年に脳神経外科専門病院として開院以来、地域の「信頼と満足の得られる医療」の提供に努めて参りました。高度医療機器を備えて脳血管障害や頭部外傷などの救急医療には24時間体制で対応しています。また、家庭・社会復帰を促進するために回復期リハビリテーション病棟を設置し、急性期から回復期まで一貫したリハビリの提供に努めています。在宅復帰、施設入所が困難な医療依存度の高い患者さまのためには療養病棟も整備しております。最近の取り組みのなかで特筆すべき点は、脊椎手術の急増です。これは当院が取り組んでいる低侵襲手術に対する県内外の高い関心と評価の表れであり、全国から多数の患者さまが当院を訪れています。また、役割分担に基づく医療連携にもいち早く取り組み、現在では県内320を超える医療機関との医療連携が実現し、患者さま中心の医療を展開しております。さらには患者さまの予防医学に対する関心の高まりにより脳ドックにも力を入れています。
 脳血管障害をはじめとした脳神経外科疾患の地域中核病院として、今後とも質の高い医療の提供に努め、地域医療に貢献して参る所存です 病院長

病院長 佐藤 秀次

PAGETOP